2017年2月27日月曜日

ご寄付のお願い




美しく強靭な農村自給圏 
実現のために! 
    
今のままではダメ! と皆さん仰います。


【衰退を止め、活力を取り戻すために!】

 NPO法人信州まちづくり研究会では、自分たちの郷土を活性化するために、平成27年秋、「『東信自給圏をつくる会』(仮称)を立ち上げる」事業計画を策定しました。
 平成28年7月より、同志を増やすために、「東信自給圏を考える会」を各地で開催して参りました。

 今まで全く手探りの状態できましたが、回を重ねる内に説明の要領も参加者の前向きな反応も判って参りました。6月末現在、佐久広域行政圏内で13回、上田広域行政圏内で1回行いました。今後、上田広域内で8回程度は行う計画です。

 会員の数も活動を始めた頃8名(正会員、賛助会員共)でしたが、2月末現在62名までになりました。200名が当面の目標(平成30年3月)ですが、現在の計画を進めれば目標を達成することができると思います。

 この計画を達成するためには、今年度の重要課題である200万円の資金調達を行わなければなりません。その一番の理由は、作業量が増えたことによるマンパワーの増強です。私たちは営利事業を行っていませんので、住民及び全国の有志の皆様のご寄付によって運営させていただこうと考えております。

 下にこの計画の背景と概要を説明いたしますが、難しい挑戦であることは間違いありません。しかし、希望のない現実を知りながら何もしないのか、それともあるべきビジョンを打ち立て、そこに向かって進もうとするのか、私たちはビジョンを打ち立て、それを実現すべく前進しようと考えております。

 ご寄付いただく方法は2種類です。賛助会員になって頂くか、一般寄付をやって頂くかです。詳細は以下にご説明申し上げます。

 どうか、私どもの志にご賛同いただき、資金援助をお願い申し上げます。

                      NPO法人信州まちづくり研究会
                          理事長 齋藤兵治


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(画像をクリックすると拡大し、escで元に戻ります)


【わたしたちがやりたいことは;】

【なぜ、自給圏なのか】


【置換の実際】






【農地の問題点】
 過剰った水を畑に転換できジレンマ
 全国270万ha内約100万ha過剰 
 耕作放棄地が50万ha 
 食料危機代をえたに稲作が命線 
               ⇨瑞穂信仰 
 無に水(転作)とのリスクの大さ 


【自給圏から見る農産物の問題点】


農地が余っているのに、
米以外の穀物と肉が圧倒的に足りない!

  
【東信自給圏とは】

自給圏とは:
共通の歴史的文化的背景をもつ住民が、一体感をもって、
将来目標を戦略的に選択できる新しい経済圏


【前提条件】

【自給圏の構造】
 
 農村振興の鍵は加工場の活躍にある。
 生で出すのと加工して出すのでは、10倍、20倍の価値の違いがある。
 契約栽培による農家経営の安定⇨品質の向上⇨加工場のコストダウン
 穀物栽培と畜産の振興⇨飼料と堆肥の交換
 地域内加工場を増やし、地域内の雇用と所得を増やす
 美食革命が生産者の誇りと意欲をかきたてる。



【どんな組織をつくるのか】

【組織の立上げ手順】


一般社団法人「東信自給圏をつくる会」は、
何をやるのか


【寄付の目標額】
 
平成29年度の目標額
 
一口平均1万円として、200万円

【ご寄付をご希望される方へ】
 
下記メールアドレスか、
Fax番号に、下記項目にご記入の上、ご送信をお願いいたします。
  
contact@smk2001.com
0267-56-1033
 
氏名、 郵便番号・住所、 電話番号、 Fax番号、
メールアドレス、ご寄付予定金額 

【活動予算書に基づいてお金を使用します】




【ご寄付の振込口座】
  
ゆうちょ銀行 振替口座
 口座名:特定非営利活動法人 信州まちづくり研究会
 記号:00550-7- 番号:86815
 
他行から振り込む場合
 店名(店番)059店 当座番号0086815

地方創生のモデル地方になるように努力致します。
お力をお貸しください。
よろしくお願い申し上げます。

ーーーーーーーーーーーーー
トップに戻る

0 件のコメント:

コメントを投稿